INTERNSHIP

ENTRY

入社の決め手は
挑戦できるかどうか

Hirata Kei

2019年入社 札幌営業部
ハウジングコーディネーター
平田 慶

自身も若手の身であるものの、今後入社してくる後輩社員への指導をおこないつつ、「次世代のエイブルの核」を目指す。

決め手は、ここで挑戦できるかどうか
私は就職活動をする中で、金融業界、IT業界、そして不動産業界に興味を持っていました。中でも不動産業界は、「衣食住」に直結し、人々が生活する上で欠かせない業界であり、非常に社会貢献性があるため、志望度が高かったです。そして、数多くの不動産企業がある中で、賃貸仲介業務のみならず賃貸管理業務もおこなっているエイブルは、私にとって魅力的でした。なぜなら、両方の業務をおこなうことで、得られる知識が倍増し、より成長できると考えたからです。
また、社員の人柄もエイブルの魅力だと感じました。採用面接のとき、担当の方が和やかに話を聞いてくださったおかげで、エイブルへの想いや、仕事への意欲を、しっかりと伝えることができました。その人柄や社風に惹かれ、エイブルの方々と一緒に働きたい!と感じたことも、入社を決意した理由の一つです。
さらに、エイブルは、「車を使ってお客様を物件までご案内する」ことや、「雑誌に不動産広告を出す」といった、今では当たり前のことを、不動産業界で初めておこなった企業。この既存の概念にとらわれず、挑戦していく社風は、エイブルの最大の魅力ですし、この社風に則って、私自身も、恐れず、新しいことへ挑戦していきたいと考えています。
社員同士互いに想い合う心が、
エイブルを強くする
店舗間の垣根を越え、スタッフの仲がよい。チームプレイスタイルは自慢の一つだと思います。まだまだ、先輩方に質問をする機会が多いのですが、嫌な顔一つせず何でも教えてくださいます。そのうえ、仕事の話だけでなく、プライベートについても親身に相談に乗ってもらえるので、人生の先輩としても、いつも頼りにしています。
また、研修制度に関しては月に1〜2度、新卒研修や等級別研修があり、そこでは通常業務だけでなく、営業で必要なスキル、さらには心理学に至るまで、あらゆるノウハウについて、部長やエリアマネージャーより直接指導を受けています。火災保険や引越サポートなど、オプション商品についての説明がうまくいかないことを相談した際は、商品の特徴やお客様への説明など、とても細かく丁寧に指導をしてくださいました。後日、教わったことを実践したところ、まわりの先輩方に驚かれるほど成果が大きく向上し、本当に嬉しかったことを覚えています。今後は、そうやって丁寧に育ててくれた、上司や先輩方へ恩返しがしたいですし、私自身も進んで後輩の育成をしていきたいです。そして将来的に、「次世代のエイブルの核」となれたら嬉しいですね。

Pick Up

私のモチベーション

私がモチベーションを保つ秘訣は、同期社員と互いに切磋琢磨すること。それぞれが配属先で頑張っていることを思うと刺激を受けますし、一人じゃないと思えるだけで励まされます。また、同期社員は一番の仲間であると同時に、良きライバルです。そう考えると、より一層仕事への意欲が高まります。

一緒に働きたい人物像

失敗を恐れず、新しいことへ挑戦できる方と一緒に働きたいですね。仕事は大変ですが、エイブルには、先輩や上司にフォローしてもらえる環境があります。私も挑戦し続ける中で、少しずつできることが増え、仕事の面白さが徐々にわかってきました。ぜひ、この感動を一緒に味わいましょう。

PAGETOP