トップへ戻るボタン

先輩社員インタビュー

FA制度を利用し、米国ボストン支店へ異動

渡邉美登里

PROFILE

渡邊 美登里 Watanabe Midori

2011年入社

FA制度を利用し米国ボストンへ異動

博多店 ハウジングコーディネーター

社内FA制度を利用し、これからボストンへ飛び立つ渡邉さんにお話を伺いました

渡米を前に、どんな心境ですか?

ボストン支店のご来店くださるお客様は、海外転勤で日本からいらっしゃる方などが多いと聞いています。今までの店舗では関わることのなかった役職の方がお客様になると思うと、今から楽しみです。私自身、ボストンへ行くのは初めてなので、暮らしに慣れるか不安な事もあります。でも今は期待の方が強いですね!

日本から海外駐在で渡米され、エイブルにご来店されるお客様も今の私と同じような、期待よ不安が交錯したような気持ちだと思います。この気持ちを忘れず、お客様に共感できような営業マンでいたいです。 今後の目標は、まずは現地での生活に慣れること。色々な方から伺うオススメ情報を基に、ボストンでの生活を楽しみたいと思っています。いつか日本に戻って仕事をする機会があれば、自分がこれから経験することを活かし、グローバル人材の育成に携わったり、様々なことに挑戦したいです。

後輩の方々にメッセージをお願いします

私は就活の際、「人の人生に自分の名前が刻まれるような、人生の分岐点に携わり印象に残る仕事に就きたい」と考え生活の基盤となる【住】を扱う仕事を選びました。エイブルには、海外の店舗があり、働くフィールドはとっても広いです。社内FA制度に挑戦して、海外経験を積んでいくことも、国内で女性店長や、管理職を目指すこともできます。社内行事も定期的に開催されていて、営業会社でありながら競争だけでなく、チームワークを持って他社様と競争していく社内風土だと思います。

先輩社員インタビュー

エントリーはこちらから