トップへ戻るボタン

先輩社員インタビュー

異国・台湾での挑戦!!

台湾エイブル

PROFILE

小林 千秋 Kobayashi Chiaki

2010年入社

FA制度を利用し台湾へ

台湾支店 ハウジングコーディネーター

社内FA制度を利用し、台湾生活へチャレンジした小林さんにお話を伺いました

海外勤務を希望したキッカケは?

入社した当初から海外支店に興味があり、「ステップアップしたい!」という思いで、社内のFA制度に応募しました。最初は海外で働くイメージが漠然としていて、不安しかありませんでしたし、日本で勤務していた店舗も、アットホームで居心地が良かったので離れる寂しさもありました。

しかし、せっかくの人生だし、挑戦しないで後悔するよりもやってみよう!!と決心しました。新しい世界に飛び込む気持ちで応募し、社内選考を経て台湾支店への赴任が決まりました。今ではチャレンジして良かったという思いでいっぱいです。お陰で刺激的な日々を過ごせています。

実際台湾に行ってみてどうですか?

最初は日本での業務の取り組み方・仕組みが違うので、戸惑うこともありました。今では現地スタッフの方々に支えられながら、楽しく業務に取り組んでいます。赴任して間もないですが、仕事面でも生活面でも積極的に行動することを心掛けています。

私の主な仕事は現地での法人営業です。1ヶ月で100社を目標に企業訪問しました。中国語も分からぬまま一人で訪問し、最初は冷や汗をかきっぱなしでしたが、今では名前を覚えてもらえるようにもなりました。愚直ではありますが、一つ一つ仕事をこなす事が私の喜びとやる気に繋がっています。今後の目標としては中国語検定に合格し、より多くのお客様からありがとう!を集めることです。

先輩社員インタビュー

エントリーはこちらから