トップへ戻るボタン

先輩社員インタビュー

「ありがとう」の一言が嬉しくて

IMG_2330

PROFILE

中村 一晟 Nakamura Issei

2016年入社

東海営業部 ハウジングコーディネーター

エイブルに入社したキッカケは?

就職活動中、「BtoCの職種で人の手助けになる仕事をしたい」と考えていました。たまたまテレビで放送されていたエイブルのCMを見て、”お部屋探し”という言葉に惹かれた事がきっかけです。「生活の3本柱の1つである、”住”に携わりながら、多くの人を笑顔にできるのは面白そう!」と考えて、入社を希望しました。

実際に働いてみて思うのは、この仕事はお客様それぞれの人生の転機・新たな門出のお手伝いが出来るということです。お客様のお部屋探しの理由や要望は様々で、お話しを伺いながらその方にピッタリの物件をご提案します。無事に物件が決まると、お客様から「ありがとう!」と嬉しそうな笑顔見せて下さります。その笑顔を見ると、ほっとしますし、やりがいを感じます。

仕事をする中で一番嬉しかったことは何ですか?

ご契約手続きを終え鍵のお渡しまでが済むと、そのお客様と頻繁に関わる事はなくなります。しかし、店舗の周辺を歩いている時に遠くから「中村さーん!」とお声かけ下さり、笑顔でこちらに走り寄ってきてくれて「新しい部屋、すごくいい感じです!中村さんのおかげです。有難うございました!」と言って頂けたことがありました。入居後でも自分を覚えていて頂けて声をかけてくれたことが、心から嬉しかった出来事です。

エイブルの良いところはどこですか?

アットホームな雰囲気の店舗が多く、お客様も気張らずにご来店頂けるところです。お客様から「さっき別の不動産屋さんの対応が酷くて、居心地が悪かったけど、ここは話しやすくていいな」と仰っていただける事がとても多いです。一般的な不動産に対する「少し怖い」というイメージはなく、明るい社員が多く、また利用したいと思って頂けるところがどこよりも長けている点だと思います。

先輩社員インタビュー

エントリーはこちらから