トップへ戻るボタン

採用担当メッセージ

店舗責任者を経て人事部へ移動した採用担当者

IMGP0250

PROFILE

玄場 夏摘 Gemba Natsumi

2012年入社

人事本部 首都圏エリア採用担当

エイブルに入社してからのキャリアを教えてください。

2012年にハウジングコーディネーターとして新卒で入社しました。 3年目の時に、若手社員による新規プロジェクトに1期生として参加し、新人ならではの意見で企画した内容を社内に普及する事が、会社や仲介業について深く考えるきっかけとなりました。 その後入社5年目に店長を経験しました。 まさか自分が不動産会社の店長を経験するなんて予想もしていなかったのですが、この経験は自分にとって大きな気づきや学びがありました。 チャレンジする環境をくださった会社に感謝しています。 今は人事本部に異動して新卒採用を担当しています。性別や年齢を問わず、広いフィールドで様々なことに挑戦する機会がある所が当社の良いところの一つだと思います。

エイブルに入って良かったと思うことはなんですか?

たくさんありますが、私は成長環境がある所だと思います。入社当時の私は、不動産の知識は全くありませんでした。かなりの人見知りだったため、営業職に就くのを友人に止められた程でした。お客様に街を案内する仕事なのに、方向音痴だし、運転もあまり得意でない…でも、そんな私でも、優しい上司や先輩たちのおかげで苦手を克服し、ご案内時、運転しながらお客様とお話するのが楽しいと思えるまでになりました。エイブルの社名はbe able to(できる)に由来しています。できない理由を並べる前に「できる!!」というチャレンジ精神を持ってまずやってみる。社員の気持ちもbe able toに変えてくれるこの会社に入って良かったと思っています。

社内のプログラムABSについて教えて下さい。

エイブルには、社内にABS(Able Business School)というプログラムがあります。 次期店長候補生として、会社のこと、マネジメントについて、ビジネスの基本などを約半年に渡って学びます。 私が参加した時は、外部講師として某大手企業の元トップ営業マンが来てくださり、トップになるまでに実践していた内容についてお話を頂きました。とても参考になる内容で、翌日早速実践した事を覚えています。 店長になった時、ここで学んだ知識が役に立ちましたし、ABSの同期生が他店舗で店長をやっていることも多く、仲間の活躍がとても励みになりました。将来、店長などマネジメント業務に挑戦したい!という方は、まずはABSへの入学を目標に頑張ってほしいです。

採用担当メッセージ

エントリーはこちらから