トップへ戻るボタン

先輩社員インタビュー

新入社員1年目で同期トップ営業に輝いた女性

syain_arai_02

PROFILE

新井 里奈 Arai Rina

2015年入社

2015年ルーキー・オブ・ザ・イヤー受賞

上石神井店 ハウジングコーディネーター

新入社員同期約100名の中でトップの営業成績を残したものに与えられる「ルーキー・オブ・ザ・イヤー」の称号。そんな栄光に輝いた新井さんは「私は運が良い」と何度も言う。その運の良さの背景に迫る。

学生時代はどんな学生でしたか?

ラクロス部でゴールキーパーを務める新井さん

体育会女子ラクロス部でゴーリー(ゴールキーパー)として毎日泥にまみれて過ごしていました。大学3年生の時に2部リーグに降格して、悔し涙を流しました。4年生になるとキャプテンに任命されました。

「自分で大丈夫だろうか・・・」と心配もありましたが、仲間が「里奈しかいない」と言ってくれたので、不安もありましたが期待されたからにはその期待を超えたいという想いが勝ってキャプテンをやることにしました。

「やるからには全力。目の前のことに本気で取り組む。」というのが私のポリシーです。仲間と1部リーグ復帰を誓い合い、日々練習に取り組みました。順調に勝ち進み、2部リーグで1位になることができ、1部の下位チームとの入れ替え戦に臨みました。

「今までやってきたことを信じて、この試合で全てを出し切ろう!」と、不思議と不安はなくいつも通りの力を出し切ることができ、勝利することができました。後輩たちに1部リーグ復帰というお土産を残して引退をすることができて本当に良かったと思っています。

どんな就職活動をしたのですか?

就職活動は部活の休みの日などを利用して行っていました。決められた商品を営業するのではなく、「自分が商品になる仕事がしたい」と思っていましたので、最初はホテルなどが良いかなと思っていました。次第にコンサルティング会社なども自分が商品になるかなと感じて選考を受けていました。

実はコンサルティング会社から内定をもらっていたのですが、その会社の内定者研修に参加して、「あれ?」っと思ってしまったんです。社員同士の挨拶に全く元気がありませんでした。体育会育ちの自分にとっては違和感がありました。そして、内定を辞退。就職活動は再度ふりだしに戻りました。

学校の先生に相談したら、「営業の仕事をしてみたら?」とエイブルを薦められました。このままフリーターになるよりは社会人になった方が良いなと思い、話を聞くだけ行ってみようとエイブルの門を叩きました。

正直に言えば、不動産業界に興味はなかったんです。でも、エイブルの人たちの明るく優しい雰囲気を見て、社会人として新しい人生をスタート切るにはこのくらい興味がない分野の方が新鮮な気持ちでスタートできて良いかなと思い、その場で入社を決意しました。かなり変わっていますよね。

賃貸仲介の仕事の魅力は?

賃貸仲介の仕事の魅力を話してくれる新井さん

私は決して論理的なタイプではありません。賃貸仲介の仕事って、駅からの距離とか間取りとか家賃とか、何かと数字を扱うことが多いです。けれど、お客様は数字で物件を決めているわけではありませんので、自分らしくやろうと思うようになりました。

私の強みは、お客様を目の前にすると「力になりたい!」という純粋な気持ちが湧いてくることだと思っています。お客様に住まいを案内するということは、お客様に暮らしのご提案をすることだと思っています。ですから、お客様のことを想う気持ちがとても重要なんです。

私は泥臭く汗をかくこと大事にしています。毎日、物件を覚えるために歩き回ります。物件だけではなく、お店や公園、通など、この町で暮らす日々をイメージしながら、とにかく歩きます。そうすると、その街がどんどん好きになっていくんです。それがお客様へ心からの提案ができる下地になります。

お客様との印象深いエピソードはありますか?

お客様とのエピソードについて話してくれる新井さん

40代女性のお客様がご来店された時のことです。お客様の希望する物件の条件は「倉庫のような広い一軒家で、自営業の事務所にもできて、駅に近くて、家賃は今と変わらず・・・」と、おそらくこの世の中にないだろうというものでした。

正直、最初は「えっ?」と思いました。ところが、不思議なことに話を聞けば聞くほどにお客様との共通点がたくさん見つかったんです。例えば誕生日が同じ日だったり、私の実家の近くに住んでいたりとか。

そうして、気が付いたら、「何とかこの人に理想の物件を見つけてあげたい。この人の物件を見つけられるのは自分しかいない」と思っていました。

お客様ではあっても、ちゃんと現実も見てもらわなければいけないので、言うべきことははっきりと伝えました。何度もやり取りをして、結局4か月かけてお客様が納得できる物件を見つけることができました。

最後は一緒に手を取り合って喜び合うことができました。「新井さんとだから納得することができたわ。本当にありがとう!」という最高の言葉をもらうことができました。この「ありがとう!」の言葉だけで「また、次はもっと頑張ろう!」と思えるんですよね。

入社して1年後、気が付いたら同期100名の中で契約件数がトップとなり、「ルーキー・オブ・ザ・イヤー」として表彰してもらうことができました。

正直、これは私の実力ではなく、ただただ私は恵まれていて運が良かっただけだと思っています。私は本当に出会いに恵まれていて、店長も先輩も優しくていつも親身にサポートしてくれますし、私のお客様はいつも私と共通点がある人ばかりなんです。だからすぐに仲良くなれるんです。でも、もしかしたら、私がお客様との共通点を探すのが好きだからかもしれないですね。

先輩社員インタビュー

エントリーはこちらから